ABOUT US

ウエストレーシングカーズについて

技術開発とモータースポーツ活性化

モータースポーツの発展と共に成長を続けるウエストレーシングカーズ。1973年の開業以来レーシングカーの総生産台数は1,230台(2018年1月現在)を突破することが出来ました。これも弊社を信頼しご支援いただいた皆さまのおかげと心より感謝申し上げます。

 

開業以来、マシンが速い、ランニングコストが安い、ハイカロリーな興行面を持つ、といったコンセプトに基づく数多くの人気レースを日本各地で開催し、レーシングドライバーを夢見る若者から支持を得ながら歩んでまいりました。2010年から企画立案した「VITA-01」は、モータースポーツファンから熱い支持を受け、日本全国7か所のサーキットでレースシリーズが確立されております。また、2017年度は富士スピードウェイで女性のみのレース「KYOJO CUP」が始まり、新しいスタイルのカテゴリーとして注目を集めました。さらにアジアでもVITA-01は人気を集め、中国、台湾、フィリピンにまで広がってきました。特にフィリピンでは2018年度よりシリーズ化が確定され、年間4戦のVITA-01ワンメイクレースが予定されています。

 

近々アジアチャンピオンシップ開催の環境も整いつつあるVITA-01レースです。

 

今後もウエストレーシングカーズはさらなる技術開発に力を注ぎ、日本のモータースポーツ活性化のため、新たな目標に向け一層努力していく所存です。

ウエストレーシングカーズ株式会社

代表取締役/CEO

神谷誠二郎

ジムカーナのチャンピオン・ドライバーとして活躍したのち、鈴木板金(ベルコ)でメカニックとして修業。1973年に独立し、数々の独創的なマシンを生産し、若手ドライバーの育成を手掛けることによって、日本モータースポーツ界の発展に貢献する。常に時代に先駆け次々と新企画、新カテゴリーを提案。特に近年のVITA-01は日本全国だけに留まらず、アジア各地までも多くのモータースポーツ愛好家から支持されるまでに育て上げた。

 
会社概要
会社名ウエストレーシングカーズ株式会社
役員代表取締役 神谷 誠二郎
取締役 川北 弘毅
取締役 神谷 雅子
住所〒513-0825 三重県鈴鹿市住吉町5769-8
電話番号059-379-0939
FAX番号059- 378-9272
資本金10,000,000円
創業1973年11月1日
法人設立1983年8月1日
決算期7月31日
事業内容(1)レーシングカーの設計・製造・販売
(2)自動車メーカーとの共同研究開発
(3)モータースポーツに関するプロモーション運営
(4)輸出・輸入業務
取引銀行三重銀行平田町駅前支
百五銀行平田駅前支店
三菱東京UFJ銀行四日市支店
関連会社 株式会社 来夢