鈴鹿クラブマンレース第2戦 SUPER FJレポート

レポート, 最新情報

優勝した岡本大地の走り

 

WEST17J 優勝!

今シーズン第2戦には17台が参戦。WEST17Jは開発も進み、どこまで成績が残せるか期待される中、岡本大地とBenson LINが開幕戦に引き続き参戦した。

3月17日(土)に行われた公式予選では岡本が期待に応え、3番手のポジションを獲得。決勝レースに向けて作戦をどう組み立てるのか、という部分が見どころになった。ポールポジションはフォーミュラ初レースの三宅淳詞。予選2番手には開幕戦優勝の吉田宣弘が続いた。

SUPER FJ スタートシーン

3月18日(日)に行われた決勝レースはフルコース10周。スタートで吉田が遅れ、好スタートを切った岡本が2番手に。そして2コーナーの立ち上がりで冷静に前車の動きを予測した岡本が三宅をパス。一気にトップに浮上した。

そのまま岡本は1周目から後続を引き離し、それを無理して追った三宅はスピンで脱落。代わって2番手に浮上した吉田だったが、岡本は2周終了時点で2.4秒も先行。その後も岡本は吉田の追い上げに動じず安定した走りを披露。WEST17Jに初優勝をもたらした。

パルクフェルメに戻ってきた岡本大地

もうひとりのWEST17Jドライバー、Benson LINは予選で12番手と苦戦。しかし光る走りをみせ、1周目で6位に浮上した。その後は大混戦の中で順位を落としてしまい9位の結果だったが、レース後「バトルは厳しかったが、今回のレースで得たものは大きかった。前よりは良くなったけど、まだまだ上に行かなければいけない。」と語った。

Benson LINの走り

 


今回の勝因は、タイヤが冷えているときも安定した動きを発揮できるセットアップと、明確な作戦を持ってレースに挑み、冷静な判断で的確なドライビングをした岡本の素晴らしい実力の結果だと、褒め称えたいと思う。ドライバーはWEST17Jの開発とともに、確実にレベルアップしていると評価したい。


SUPER FJ 表彰式
中央3名、左から2位の吉田宣弘、優勝した岡本大地、3位の徳升広平

 

■SUPER FJ 決勝結果(トップ10)
優勝 岡本 大地
2位 吉田 宣弘
3位 徳升 広平
4位 宮島 雄太
5位 荒川 麟
6位 三宅 淳詞
7位 HIROSHI
8位 LEE JUNGWOO
9位 Benson LIN
10位 石谷 豪志


■優勝ドライバーコメント
岡本大地(BITCOIN 悟 17J)
「タイヤに熱を入れて、序盤引き離されないようにと思ったのが、まさかのトップでびっくりしました。スタート後の2コーナーも、三宅選手は外に膨らんでいくのに対し、僕はしっかりタイヤがグリップして、コンパクトに速く立ち上がることができました。まだまだやらなければいけないことはたくさんあるので、次戦までにはもっと速くなって、常に上位争いできるようになりたい。」

岡本大地