鈴鹿耐久レースKYOJOドライバー

レポート, 最新情報

鈴鹿3h耐久レースを盛り上げるべく急キョ結成されたbitcoin Team。
そこには「鈴鹿を制する者は全てを制する」と言われる鈴鹿サーキットを、ぜひ女性の操るVITAで挑戦してもらいたい、という思いがあった。
ドライバーは、昨年KYOJOCUPに参戦した池島実紅。カート育ちの21歳。
そしてそこには富士VITAチャンピオン山田遼と鈴鹿VITAチャンピオン中里紀夫という強力なアドバイザーがエスコートしてくれることになった。
鈴鹿SMSCライセンスは取得したばかり、という池島選手だが今回決勝のベストタイムは、2’29.8 とファステストラップを叩き出した山田選手の1.5秒差まで近づいた。
「S字からダンロップが面白い。ひとつミスすると全て上手くいかない、上手くいくと気持ちいい。鈴鹿は難しく毎ラップがチャレンジ。ハコの要素もフォーミュラの要素も持っているVITAで鈴鹿を走ったことにより自分の引き出しを増やすことができる」と力強いコメントをもらった。
金曜からの3日間、2人のアドバイザーから得た何かがあったのだろう。たしかに、若手ドライバー山田選手はエネルギッシュなタイムを叩き出し、ベテラン中里選手からはVITAを操る秘訣を伝授してもらった。中里選手は基本ドライバー兼メカニックという一人劇でチャンピオンを勝ち取る、という技を演じている。その中で分かったことは
「 VITAはセッティング不必要、ドライビング次第でどうにでもなる」

という、さすがベテランらしい名言。すぐにセットアップを求めず、自分のテクニックを磨く、これがチャンピオンにつながる大きな勝因なのだろう。bitcoin Team、結果は運悪くトラブルでピットイン、12位でチェッカーとなったが、3人でVITAを共有したことによって、学び、楽しみなど多くのものを持って帰ってくれたと思う。

Eriko Yamamotoさん(左)

今回の鈴鹿耐久レースにはもう一人KYOJOドライバーが参戦している。誰もが憧れるキャリアガールEriko Yamamotoさんだ。鈴鹿サーキットにVITA INした第一人者である。御自身のVITAで今年様々なサーキットを転戦する。その格好良さに心から応援したいドライバーである。
今回ピットに、これまたカッコイイYuri Hayashiさんも顔を見せてくださった。相変わらず美しくて今年のKYOJO CUPがとても楽しみになってきた。
 

小山美姫さん

他にカテゴリーは違うが、KYOJOCUPチャンピオン小山美姫さんもバリバリのタイムで参戦している。ぜひKYOJOドライバーの方、どんどん鈴鹿でテクニックを磨くことをお勧めしたい。
そしていつの日にか、女性だけのTeamで優勝を目指したいと思う。
kamiko@