WEST RACING CARS 三重県鈴鹿市のレーシングカーコンストラクター

パーツ注文 お問い合わせ

鈴鹿クラブマンRd.3[CS2]予選速報
2022/05/21 レポート

CS2予選速報

ドライコンディションで行われた予選。

計測1ラップ目には#27 成瀬茂喜選手(ABBEY RACING)がトップタイムを記録したが、

2ラップ目以降は#21 いむらせいじ選手(オートルックV-GRANZ)が2分15秒425、15秒333、15秒141と毎ラップタイムを更新し、計測5ラップ目にはついに2分14秒641を記録。2番手に1.2秒も差をつける驚異的なタイムでポールポジションを獲得した。

2番手は#27 成瀬茂喜選手(ABBEY RACING)

、3番手は#81 飯田裕樹選手(AbbeyRacing)と、ここまでv.Granzが上位を占めたが、なんと4番手にはWEST 16Cに乗る#46 松本吉章選手(ABBEY RACING)がつけてきた。

ポールポジション
#21 いむらせいじ選手(オートルックV-GRANZ)
2分14秒641
「本当は13秒狙っていたけど、シートが動くというトラブルが出てタイムを出せなかった。決勝は最近課題のスタートさえうまくいけば、あとはトップを快走できると思う。今回調子がいいのは、先週富士でVITAの耐久レースに出て、色々フィードバックを得られたからだと思う。やっぱVITAのレースに出るのはいいね!」

予選2番手
#27 成瀬茂喜あ選手(ABBEY RACING)
2分15秒929
「なにかタイヤが拾っちゃって、アタックラップにタイヤがバーストしてしまった。それでアタックを断念してこのタイムになりました。決勝はフライングとエンストに気をつけて、いむら君と遊ぼうと思っています」

予選3番手
#81 飯田裕樹選手(AbbeyRacing)
2分16秒010
「チームにCS2が4台居るので、協力しあってタイムを出すことができた。v.Granzは今回が初めてなので、自分の中では充分満足な結果。決勝はこのポジションをキープしたいな」