WEST RACING CARS 三重県鈴鹿市のレーシングカーコンストラクター

リンク お問い合わせ

岡山チャレンジカップNo.3VITAレース
2019/06/09 レポート

岡山チャレンジカップ第3戦が始まりました!
今回のレースはF3も同時開催で、張りつめた空気を感じます。
S-FJも良いサウンドを響かせ、それらに負けじと
VITA勢も気合十分でスタートしています。

鈴鹿VITA OF ASIAを間近に控え、エントリーメンバーはさらに練習に力が入っています。

昨日の悪天候がウソだったかのように今日はさわやかな晴天、
レース日和の天候にエンジンも快調です。

6月9日(日)岡山国際サーキット チャレンジカップNo.3

快晴。日差しが強く暑いくらいです。
9:00 予選スタート。

ポールを奪ったのは、バイエルン松尾選手。
今年は速さが光ります。
続いて2番手清水選手ここまでが1’46’’台。
3番手大八木選手、

そしてトロフィークラス
1位中西選手、2位竹内選手、3位武連選手

各自己との戦い、タイムアップを期待します。

 

 


ポール#67バイエルン松尾
アタック2周目にベストだが、それ以降はタイヤがたれてダメでした。暑くなってくると最初の一発しかタイムが出ないタイヤなのが残念。

2番手 #9 清水 康友 選手
昨日教えてもらった事に基づいて目標のタイムはクリアして良かったのですが、松尾選手速いですね。ポール取れなかったのは悔しいですが、決勝は自分のペースで焦らずに走ります。

3番手 大八木 龍一郎 選手
もう少し行けたと思うのが心残りですが、決勝レースは頑張ります。

トロフィークラス1位 #66中西 亮平 選手
予選は自分の中でペースが上らず、もっと行けたはずなのが心残り。
決勝レースでは前を行く新型エンジンの車を一台でもパスしたい。

トロフィークラス2番手#78 竹内 耕二 選手
ベストでアタック中に***選手に引っかかってしまった。中西さんに負けたん?あれなかったら勝ってたのに〜

トロフィークラス3位 #57 武連 良治 選手
自分の結果は順当(これだけやってたらもっと行けないとあかん)


 

16:20 爽やかな晴天の中、11台のVITAがグリッドに並んだ。

16:26 晴天の中 決勝レーススタート!

📹スタートシーン
DE13DA3E-C829-4BD3-9136-03BF2E76047C

スタートで出遅れた#67 松尾選手を横目にクラッチミートを決めた#9清水選手がトップで1コーナーへ飛び込む、

松尾選手は4位まで後退するも1周づつポジションを上げ、
トップ清水選手にみるみる追いついていく。

トロフィークラスポールの中西選手もスタートミスで3位まで後退するが、9周目には2位まで浮上して来た。

📹チェッカー🏁
AB1D1483-B186-4CC9-AA91-565EEA74CDF2

優勝は、スタートを決めた#9清水選手が見事手にした。

総合1位 #9 清水  康友選手
前回のレースはスタートを失敗したので、今回は絶対失敗しないように注意した。スタート成功したが大八木さんもいいスタートを決めてアトウッドからヘアピンまで並走でバトルとなったが、ヘアピンで前へ出れ、必死で逃げました。
中盤から後半はタイヤをいたわって走ったが、最後タレてきて追いつかれてきましたが前半のマージンが効いて勝てて嬉しいです。
岡山vita初優勝でした。

総合2位 #67バイエルン松尾  選手
スタートのシフトアップのタイミングで失速して4位まで落ちてしまった。2・3周目かく1台ずつ抜いて2位となりペース良く追いかけたが最終周に失敗もありトップには届かず。悔しいがレースは久し振りにバトルがあり楽しかった。

総合3位 #777 大八木 龍一郎 選手
後半は防戦一方となってしまったが、1周目は清水さんとトップ争いがあり、お互いクリーンなバトルで非常に楽しかった。

トロフィークラス(NCP13エンジン)

トロフィークラス1位 #78 竹内 耕二 選手
スタートが非常に良く7→5位と順位を上げ、そもまま逃げ切れた。
最後は体力精神力もギリギリでしたが、トロフィークラスで初優勝は還暦のとても良い思い出となりました。

トロフィークラス2位 #66 中西 亮平 選手
1周目の1コーナーの混乱に巻き込まれてトロフィー3位まで順位を落としたが地道な追い上げで2位。最後は竹内さんに追いつきそうだったがわずかに及ばず。

トロフィークラス3位 #57  武連  良治 選手
自分の結果は順当(これだけやってたらもっと行けないとあかん)

VITAの皆さまおめでとうございました!
皆様のコメントからいただくレースレポも
なかなか臨場感ありでよかったです。

沢山のコメントをありがとうございました。

皆さまの活気溢れるVITAの走り、次回も楽しみにしております!

VITA倶楽部