WEST RACING CARS 三重県鈴鹿市のレーシングカーコンストラクター

リンク お問い合わせ

韓国国際サーキットVITA上陸
2019/11/02 レポート

韓国のVITA‼︎
「韓.中.日スーパーチャレンジ」
レポートして行きます!
バスで揺られヨンアム国際サーキットに到着した一行は
疲れも知らずシート合わせも完了。
さて、どんなレースになるでしょうか。
楽しみです。

ここ韓国国際サーキットは、ストレートがとても長く途中市街地の壁のようなセクターもあり
なかなか面白そうです。

ブリーフイングも英語できっちりと行われていました。

今回急遽レースが決定。
慌てて日本人ドライバー約9名が招待されることになった。

11/2(土) 午前:練習 午後:予選

予選でポールタイムをマークしたのは西村、伊藤組。

ポール:西村和真選手

「路面のミューは高いけどバンピーな所が結構ある。
そんなに難しいコースじゃないけど面白いです。タイヤを温存しながら走ってます」
「練習走行からタイヤの内圧調整とかしていたのでいいところを見つけて走れました。
クリアラップはどうしたら出れるかというのは練習から見ていたので上手いこと作れました。
明日のレースは無事故無トラブルで完走したいです」

2番手:佐藤選手

「VITAは初めてです。オーバーな感じはするけどコントロール出来るから楽しいです。
明日頑張ります」

3番手:翁長 選手

「前の車についていこうとしていたけどなかなかついていけなくて焦ってミスしてしまいました。
ただ今の自分の持ってる実力を出せたかなとは思います。
明日は速い人と自分が考えている事が何が違うかなど勉強してから臨み、1番タイムを出したいです」

と悔しさを可愛く表現してくれました。初めての韓国、頑張りました。

4番手:宇高選手と石谷選手です。

宇高選手
「みんなからVITAに一回乗ってみたらって言われていたのがわかった。
めちゃめちゃ楽しくて原点に戻った感じ。
ターンインできちんと向きを変えてアクセルを踏むっていう基本を改めて感じれた。
石谷選手
「VITAは2回目だけど楽しいです。
ここのコースにこのタイヤとVITAの組み合わせはあってると思う。
ハイスピードコーナーのセクターなんて全開で踏めるか踏めないかのギリギリでちょうどいい!」

鈴鹿でABBEYレーシングから出ている飯田選手です。
初めての海外のレースでとても楽しまれています。
「サーキットレイアウトとしては岡山に近いかなあ〜
でもスプーンみたいなんもあるから鈴鹿っぽさもあるかも」
「タダで出させていただいてるから明日は2時間安全に全開で楽しもうと思います!」

韓国のドライバーです。
普段はFFの車しか乗っていないので、違う動きに苦戦してスピンばっかしてしまったが
とても楽しいです。

初めての韓国で初めてのVITAレース。

とにかく楽しい!これが大切。

VITAでの耐久レースをどうぞ堪能してください。

あとは「韓、中、日スーパーチャレンジ」乞うご期待。

VITA倶楽部