WEST RACING CARS 三重県鈴鹿市のレーシングカーコンストラクター

リンク お問い合わせ

「しっかりメンテ」今でしょう!
2020/05/09 NEWS

レース開催、スポーツ走行の見通しが立たない昨今、
移動の自粛、三密の自粛が叫ばれている中で今できることはガレージ内でのマシンメンテナンスです。
今をチャンスと捉え、しっかりしたマシンメンテナンスで来たるべきシーズン再スタートに向けて準備しましょう!



車両を正しくメンテナンスする事は
安全確保の第一歩です。
車両トラブルは
運転するドライバー自身を危険に晒すのみならず、
レース中のライバルや、スポーツ走行中ですと
他クラスのドライバー達にも
危険が及ぶ可能性が有ります。
きちんとメンテナンスし、
各部品の性能を最大限引き出し、
車両を常にベストな状態に保つ事が
モーターレーシングの基本です。


A:アームベアリング

路面から伝わる情報がダイレクトに感じられるよう、ガタの大きくなったベアリングは交換しましょう。
B:ブレーキキャリパー

定期的に分解することでピストンの固着、シールの傷みを防ぎ、ブレーキ片効き等の異常を未然に防ぎます。
C:マスターシリンダー

ブレーキは止まるためだけではなく、早く走るためにも必要なシステムです。信頼できるブレーキシステムを保つため、定期的な点検を行いましょう。
D:タンクキャップパッキン

パッキンは経年劣化や振動による傷みが発生します。定期的に点検して、少しでも不具合があったらパッキン交換をお勧めします。
E:トランスミッション

トランスミッションの不具合を放置すると、他の部分も痛めてしまう結果になります。少しでも不具合を感じたらオーバーホールを検討してください。
F:ハブベアリング

路面から伝わる情報がダイレクトに感じられるよう、ガタの大きくなったベアリングは交換しましょう。
G:アライメント

アライメントが狂うと正確な走りができなくなります。定期的なチェックを心がけてください。
今回使用したメンテナンスツール
今回のメンテナンスで使用したツールを紹介します。
なお、各ツールの詳細についてはホームページでご確認ください。

時間に余裕のある今だからこそ
愛するマシンをしっかり整備してはいかがですか?
是非一度ガレージ様にご相談してみてください。
皆さまの精悍な走りにお会いできる日を
心から楽しみにしております。

 

ウエストレーシングカーズ(株)