WEST RACING CARS 三重県鈴鹿市のレーシングカーコンストラクター

リンク お問い合わせ

十勝クラブマンRd.4VITA
2020/08/07 最新情報

十勝クラブマンレースRd.4
2020.8.1(土).2(日) VITA-01

今から9年前の20118月北海道クラブマンカップ第3
2台のVITAがここ十勝スピードウェイにやって来た。
それから数々のエピソードの月日が流れ。。。

今年20208月、クラブマンRd.4では
16台のVITAレースが開催されました。
また、今回はコロナの影響でお預けをくらったダンロップ専有走行もやっと開催され、おまけに福山英朗さんのお話付きと、メニュー満載。

今年から新体制になったVITA倶楽部では
おいしいランチをご用意してエントラントの方々のお手伝いをさせていただきました。

十勝スピードウェイは、日本で一番空港から近いサーキットです。
パドックが広くて空気が爽やか。自然に包まれたロケーションの中、風を切ってマシンをかっ飛ばすのは
「ちょーきもちイイ!」のであります。

8/1()ダンロップ占有走行
コロナの影響で十勝が最後となりやっと開催出来ました。
ダンロップ様の温かい思いで企画出来たこのイベント。
サーキットフリー走行2回に福山英朗さんのお話付きです。
どのカテゴリーでも大切にしたいスポーツマン精神。
ジェントルマンらしいお話をたくさんいただきました。

その後はVITA倶楽部のランチタイム。
今年はソーシャルディスタンスの中、1個ずつのテイクアウトにしました。
来年はケータリングパーティが出来ますように。

〈↑クリックで拡大〉
5
台のVITA戦士率いる恒志堂レーシングチーム
いつもお洒落でカッコイイ。代表佐藤元春さんは
「色々なマシンに乗っているがやはりこのマシンに戻る。VITAは全ての基礎。とても練習になる。このマシンを連れて是非他のサーキットにも行きたい。AP、岡山などの耐久は魅力を感じますね」とお言葉をいただきました。

VITAの耐久、もっとやりたいですね!


予選
8/2(10:00      weather:曇り DRY
今年になって初めてのレースとあって、各マシン気合の入ったエンジン音の中一斉にコースイン。

激しくタイムが入れ替わったのは、#3古井戸竜一選手と#88坂野 研選手。
エントリー台数が多い中、うまくクリアラップタイムを取れるか、が勝敗を分ける鍵となった。

結果見事ポールポジションを手にしたのは#3古井戸竜一選手であった。
「色々迷うことが多かったけれど一応答えを出すことはできました。後は行くだけです」
今回は出走していないが、いつも傍に寄り添ってくれる綾子夫人も微笑む。
〈予選結果〉


決勝
 暑くもなく寒くもなく、過ごしやすい気候の中
16台のVITA4台のザウルスJr.がスターティンググリッドに並ぶ。


PP #3 古井戸竜一 選手


P2#88 坂野研 選手


P3 #12 佐藤元春 選手


P4 #61 平中繁延 選手


P5 #30 鬼塚益生 選手


P6 #712 中川隆吾 選手

↓クリックで拡大

8/2 13:23スタート 天候晴れ DRY
各マシンが一斉に1コーナーへとなだれ込む。

十勝クラブマンレースRd.4レポートはWEST VITA-01から♪
YouTubeでどうぞ。

 

 

 


優勝88 坂野 研  STEP⭐︎VITA3号機


2位3 古井戸竜一 さくら眼科⭐︎こまばフォレストくうま01


3位12 佐藤 元春 恒志堂レーシングVITA12号機

 

古き良きライバルはお互いを褒め称えた。

4位  #30    鬼塚 益生 十勝レーシングスクール
5位. #310  浅井 康児  恒志堂レーシングVITA310号機
6位. #61    平中 繁延  HDC 日本平中自動車VITA
7位  #777  大島 良平  恒志堂レーシングVITA777号機
8位 #95    面野 一      胆のうとったけどコーラはやめないVITA
9位  #10    伊藤 直登  VITA−01
10位#8      坂本 幸照 幸伸建設Y’s十勝レーシングスクール01
11位 #48   山口 琢美 さくらBreeze 01
12位 #516 市川 篤   恒志堂レーシングVITA516号機
13位#555 松橋 智史 松橋歯科クリニックSTEPVITA555
14位 #5      関谷 利之 TGR  VITA 01
15位 #17    加藤 恵三 TGR  VITA 02
16位 #777 大島 良平  恒志堂レーシングVITA777号機


今回の十勝はコロナの影響もあり。第一戦が8月にやっと開催されました。
ダンロップ様の温かいご支援のもと、北海道で占有走行が開催されたことは感謝しかなく、その上福山さんのお話、タイヤの相談会など嬉しいメニューを立てることができました。
また改めて、エントラント全員が家族のように温かく、助け合い、私たちが求めていた
「モータースポーツを愛する仲間たち」
そのものに再会出来、心に残る1ページとなりました。
9年前VITA が上陸し、先代社長が大事に育てたこの世界。
私たちはいつまでも大切にして行きたいと心から思います。

一人ひとりにお声をかけて回っていただいた福山さん。
ありがとうございました。

多くの皆様のおかげでVITA倶楽部は成長して行くことが出来ます。
北海道の皆様温かい時間を、レースをありがとうございました。

VITA倶楽部

あ!忘れてました。でっかい十勝の魅力!