CATALOG

LONGACRE

LONGACRE

ウエストレーシングカーズは米国LONGACLE社の日本総輸入元です。

コーナーウエートゲージ
WIRELESS MODEL TABLET TYPE

★面倒なコード接続は必要ありません。
★即セットUP出来ます。
★便利なタブレット使用
測定荷重:675Kg/枚:合計2,700Kg
センサーパッド寸法:
L380mmxW380mmxH65mm
価格はお問い合わせください

コーナーウエートゲージ
COMPUTER SCALES DX1

★標準的なモデルです。
★パッドはCNC仕上げで精度が高く作られています。
測定荷重:675Kg/枚:合計2,700Kg
センサーパッド寸法:
L380mmxW380mmxH65mm
価格はお問い合わせください

カ-ト用ウエートゲージ
BASIC MODEL

★PADはCNC仕上げです。
★4輪各々重量がディスプレイされます。
★総重量と重量配分が同時にチェックできます。
★2輪間(前後・後輪・クロス・左側・右側)重量と
重量配分(%)が同時に測定可能
★コンピューターは、アタッシュケースに入っています。
価格はお問い合わせください
 

コーナーウェートの
重要性

足回りの完璧なチューニングはアライメント調整や パーツ交換(スプリング、ダンパー、スタビライザーなど)だけでは不十分です。

コーナーウェートを使用することによって
下記の症状が判明できます。

(1)スプリングのへたり
(2)ガス・ダンパーのへたり
(3)シャーシの歪み(特に事故後)
 

なぜコーナーウエートゲージが
必要なのか?

コーナーウェートを測ることによって、ハンドリング・パーフォーマンスを決定付ける 車両バランス(左右、前後、そして対角線上)が明確にわかることに尽きます。
例えば、左前と右後のタイヤが総重量の偏った重さを抱かえていれば、「アンバランス現象」が発生します。 これらのタイヤは、他のタイヤ2本に比べ過酷を強いられていることにより、こうした状況は車のバランスを崩し、 コーナーでの運動性能を著しく低下させます。
上記の状況を例えれば、左コーナーでは、オーバーステア、右コーナーではアンダーステアが発生します。 極度な場合は、ストレートにおいてのブレーキングでも片輪がロックしたりもします。
加速時に直進安定性が欠けたり、駆動輪が右コーナーではグリップが良いのに、左コーナーでは ホイールスピンが起こったりすることもあります。
こうした問題を発見するにはコーナーウェートを使用することが最も適しています。 何と言っても素早く出る数値(500g単位)を基準に分析するので、結果は間違えようがありません。
又、こうした問題はアライメントゲージを使用しただけでは解明が不可能です。