WEST17J

新時代のレーシングカー

 

新しいSUPER FJ誕生

2017年からエンジン規定がノーマル化され、新たな時代へ突入したSUPER FJ選手権。WEST17Jはこの変化に適合すべく新開発された三世代目のSUPER FJマシンです。エンジン規則の改定とシャーシー側の見直しで、大幅なコスト削減に成功。車体はCAE解析により剛性のバランスを見直し、よりマイルドな乗り味とトラクションを確保しました。

WEST17Jロゴ

WEST17Jの 特徴

エンジンT/M

2017年より一切の改造が禁止となり、パワーは抑えられるが穏やかで乗り易い性格へと改められた。

サスペンション

減衰力の調整範囲の広いTEIN製サスペンションを使用することで幅の広いセッティングに対応できます。

データロガーの装備

流視認性の良い液晶ディスプレイのデータロガーVRL4を標準装備。

ブレーキ性能

ピストンアルミキャリパーとソリッドローターで、強力なストッピングパワーを発揮します。

SPECIFICATION
シャーシ鋼管スペースフレーム
全長/全幅/全高3,810mm/1,640mm/1,010mm
ホイルベース2,330mm
トレッド F1,516mm
トレッド R1,448mm
車両重量415kg
ブレーキ4ピストンアルミキャリパー
車両価格3,450,000円(税別)
※タイヤ・ホイールレス

データロガーダウンロード

LapScope2 Tool 2