HISTORY

沿革

ウエストレーシングカーズの歩み

1973年に開業し、技術開発にとモータースポーツの発展に注力して参りました。そんなウエストレーシングカーズの歩みをご紹介させていただきます。

1973年

■『ベルコウエスト』として開業

1975年

■処女作『WEST759』が鈴鹿FLクラスで総合優勝

1981年

■『WEST82J』が鈴鹿FJ1600選手権で総合優勝


1982年

■『WEST82J』が鈴鹿FJ1600選手権で総合優勝

インドネシアに『WEST82J』を7台輸出

1983年

■スポーツカージュニア選手権を企画立案し、筑波サーキットにて新シリーズを発足

■『ウエストレーシングカーズ株式会社』として法人設立

1986年

■『WEST86J』が鈴鹿FJ1600選手権で総合優勝

■『WEST86J』が西日本FJ1600選手権で総合優勝

1987年

■『WEST87S』が鈴鹿500km耐久レースでクラス優勝

■『WEST87S』が鈴鹿1000km耐久レースでクラス優勝

1988年

■日産モータースポーツの新企画ワンメイクレース

■『ザウルス』の生産開始

1990年

■メンテナンスチームとして全日本F-3選手権で総合優勝

■日産モータースポーツの新企画ワンメイクレース

■『ザウルス・ジュニア』の生産開始

■川崎重工業と『KAZE-X11』を共同開発

1991年

■年間生産台数120台達成

1992年

■資本金1,000万円に増資

1993年

■『WEST936』が鈴鹿F-4選手権で総合優勝

1994年

■『WEST936』がT&I、鈴鹿F-4選手権で総合優勝

1995年

■『WEST956』が鈴鹿、筑波、九州F-4選手権で総合優勝

■『トムボーイ』サイドカーレースを企画立案し、選手権として発足

■韓国モータースポーツ市場の将来性を見込み、ソウル市に韓国初のレーシングカー・コンストラクター「J.K.AUTO TECH INSTITUTE INC.」を設立

■輸出入業務をメインとする「株式会社来夢」を設立

■『VIVACE』開発

1996年

■車両総生産台数600台達成

■ツインリンクもてぎ用の『MIDIFY MIDGET』開発開始

■F4時期モデル『WEST 976』開発開始

■1/5モデルにて風洞テスト開発

■『WEST 976』フルモデルチェンジ版発売開始

■『WEST 956』全国4シリーズのF4レースで完全総合優勝獲得

■『WEST 936』&『WEST 956』シリーズの通算58台を生産販売

1997年

■『MIDIFY MIDGET』量産開始20台

1998年

■韓国フォーミュラーレースシリーズを立ち上げる 『JK95F』20台デリバリー

■全日本選手権レースJSCCの時期モデル、スーパーシルエットカーの開発業務の依頼を受け試作車両製作

■総生産台数685台達成

■韓国向けスポーツカー『JUPITER』製作開始

■F4シリーズの鈴鹿、関東、MINEシリーズ総合優勝獲得

1999年

■『JUPITER』完成テスト開始

 

「韓国エバーランドスピードウェイ」にてF4時期モデルの『WEST006』の設計開始

2000年

■『WEST006』の販売開始

■軽自動車エンジン搭載フォーミュラ『FK4』完成

■韓国向けニューフォーミュラコリア『JK02F』出荷&現地発表

■総生産台数700台達成

2001年

■総生産台数775台

2002年

■新社屋完成

■韓国「JK AUTO TECH」と合併事業解散

■『フォーミュラーエンジョイ』開発

2003年

■1月 『フォーミュラーエンジョイ』レース開幕

■6月 『総生産台数850台達成

■ 11月 『新型FJ『WEST04J』完成

■12月 総生産台数900台突破

2004年

■2月 『WEST04J』2004年鈴鹿クラブマンレース優勝を飾る

■5月 『WEST04J』鈴鹿S耐にて、今期2勝目マークする

■9月 5世代目のF4『WEST056』開発開始

■総生産台数927台

2005年

■1月 『WEST056』完成

■4月 中国進出にあたり「北京連絡事務所」の開設を申請し、政府より許可がおり、正式に活動開始

■中国進出のプロモーション用に3台の『WEST04C』を北京に出荷

■12月 新型ネオヒストリック『VIVACE-7』設計・開発開始

■総生産台数948台

2006年

■1月 新型FJ1600『WEST06J』開発・販売開始

■4月 新型ネオヒストリック『VIVACE-7』鮮烈にデビュー

■4月 中国向け車両『WEST06C』3台輸出

■6月 中国向け車両『WEST06C』3台輸出

■合計9台が北京に上陸

■9月 スーパーFJ開発、設計開始

■12月 スーパーFJ『WEST07J』完成

■中国向け車両『WEST06C』3台輸出

2007年

■1月 中国で『WEST06C』を使ったレースシリーズが立ち上がる

■「2007年チャイナフォーミュラオープンレースシリーズ」発表

■3月 中国レース開催に向け『WEST06C』6台出荷

■総生産台数977台

■4月 スーパーFJ『WEST07J』8号車まで完成

■総生産台数981台

■9月 中国に『WEST06C』3台出荷

■『WEST07J』No.1012納車

■総生産台数988台

2008年

■3月 総生産台数1,000台達成

■創立35周年記念式典並びに1,000台達成記念式典を開催

■4月 新型ネオヒストリック『VIVACE-908』完成

■2008年チャイナフォーミュラオープンレース開幕、上海国際サーキットでシリーズがスタート

■8月 5世代目のF4『WEST096』設計開始

■12月 『WEST07J』2007年、2008年のスーパーFJシリーズのタイトルを全て取る

■FJ日本一決定戦でも総合優勝飾る

■中国「フォーミュラウエストシリーズ」が無事終了した

2009年

■2月 F4『WEST096』完成

■2月 新規カテゴリー「NEW SUPER SPORTS」を企画・設計開始

■2月 「NEW SUPER SPORTS」VITAが完成

鈴鹿クラブマン最終戦でデモ走行

2010年からレースに組み込まれた

2010年

■3月 鈴鹿クラブマンレース開幕戦でVITAレースがいよいよ始まる。

参加台数は10台と盛況なスタートを切る。

■12月 2世代S-FJ「WEST11J」完成。

2011年

■5月 台湾向け「VITA-01」出荷。

■エンジンをスーパーバイク「隼」に変更した特装仕様

■6月 台湾新国際サーキット「PEN BAY INTERNATIONAL CIRCUT」でデモンストレーションランを行う。

■10月 台湾「PEN BAY INTERNATIONAL CIRCUT」でVITA-01、6台よるデモレース開催される。

2012年

■8月 組織変更により、世代交代を実地。新社長に「川北 弘毅」が就任。

前社長は相談役顧問となり、後輩の育成にあたる。

■9月 VITA-01マイナーチェンジ TYPE-Aをリリース。

2013年

■10月 VITA-01シリーズ販売台数50台を突破する。

■10月 中国北京事務所を閉鎖。

2014年

■8月 新型「FE2」開発

■11月 新型「FE2」完成、販売開始

2015年

■3月 鈴鹿サーキットファン感謝デーにて「モータースポーツ功労顕彰」を受賞

■3月 新規カテゴリー「CS2」設計開始

■10月 CS2カテゴリー車両「WEST16C」完成、販売開始

■10月 VITA-01にTYPE-Jを追加

■12月 VITA-01の総生産台数100台を記録

■生産達成記念式典、及び引き渡し式開催

■総生産台数 1144台

2016年

■7月 中国向けVITA-01受注契約5台(エンジンは中国製搭載)

■10月 2017年度 富士スピードウェイにてVITA-01レースのシリーズ決定

■インタープロトサポーティングレースとして新企画

■11月 3代目S-FJ 「WEST17J」完成

2017年

■4月 中国北京近郊のサーキットにて、VITA-01によるレーシングスクールが始まる。

■5月 VITA-01による競争女子選手権レース「KYOJO CUP」富士スピードウェイにて開催

■6月 フィリピンのレースプロモーターからVITA-01を5台受注

■7月 VITA-01が150台突破

総生産台数1203台