ONE MAKE RACE

統一されたマシンによって競い合うレース

その時代に何が必要なのかそして、今何ができるのか
ウエストは常に考えています

ウエストは常にチャレンジ精神にのっとり、モータースポーツ文化発展のための企画考案を行い、日本のモータースポーツ界のシーンをリードしてきました。

 

その中で、自動車メーカーとの共同開発、そして、ウエスト独自の開発により、多くの新カテゴリーを誕生させてきました。

 

安全である、マシンが速い、運営コストが比較的安価である、競争が激しく見応えがある、興行面で話題性がある、といった主旨をコンセプトとした新カテゴリーの「ワンメイクレース」は日本各地で絶大な人気を得ています。

過去に生産したONE MAKE車両

車両名をクリックすると詳細が見れます

 
ワンメイク名 NISSANザウルス
生産台数 80台
エンジン形式 CA16DE/1600cc 直列4気筒 DOHC16valves 130馬力/6800rpm
シャーシー形式 鋼管スペースフレーム

生産台数 195台

エンジン形式 CG10DE/1000cc

直列4気筒 DOHC16valves

70馬力/7.200rpm

シャーシー形式 セミモノコック

生産台数 12台
エンジン形式 ZF10A/1052cc 直列4気筒 DOHC 16valves 160馬力/10500rpm
シャーシー形式 セミモノコック
産台数 15台(生産継続中)
エンジン形式 660cc
シャーシー形式 鋼管スペースフレーム

グランプリ・サイドカーに負けないスタイルと、80ccとは思えないほどの醍醐味を持ち合わせるTOMBOYは、2人で参加/エンジョイできるユニークなマシンです。

1997年「JK96F」を使用して韓国フォーミュラレースをスタートさせました。以後、フォーミュラコリアとして韓国モータースポーツ発展に大きく貢献した。

ツインリンクもてぎのオープニングと同時にダートオーバル用競技車両として開発し、日本初のダートレースに使用されている。

2007年、中国大陸で新しいレースシリーズ「チャイナフォーミュラオープン」 が立ち上がった。中国4箇所のサーキットを転戦するこのレースは中国のモータースポーツ発展に大きく貢献するだろう。 「WEST06C」を使用してシリーズ化されたレースではドライバー育成に貢献している。

2010年、鈴鹿クラブマンレースから始まった新カテゴリーは多くの参加者から支持され今や人気上昇中のレースとなった。 スプリントレース、耐久レースと多目的に利用できるVITAは全国に広がりを見せてきた。